葉酸を飲んでダウン症を回避

子供を出産する時に、母親が気になってしまうこと。
それは子供の障害。

 

特に最近、高齢出産が多くなっていることもあり、【ダウン症】のリスクを指摘する声が多いですよね。

 

私は最初の子供を生んだ時には、まだ20代だったのですが、第二子の時には、高齢出産と言われる35歳に近い年齢だったので、ダウン症がすごく心配で、出産が終わるまでずっと気にしていました。

 

葉酸の摂取が可能な食品を妊婦の時にちゃんととろうと、初産の時とは違い、かなり気を遣いました。
初産の時は、まだ20代で余裕があったので、葉酸の摂取が可能な食品を妊婦時代に食べなくても、何とかなると思っていたのです。

 

でも、自分が年を取ってから出産することになると、やはりあれほど他人ごとに思えていたダウン症が、現実味を帯びてきたのです。
もしもダウン症だったらどうしようと、毎日眠れない時もありました。

 

最近の研究では、葉酸の摂取が可能な食品をしっかり摂っていた妊婦はダウン症の確率が大幅が減少したという研究も発表されているようなので、
やはり葉酸はしっかり妊娠中に摂取した方が良いんだろうなって思いました。

 

ダウン症は顔を見ただけでわかる障害なので、やはり親としては、そういう障がいを持って生まれることになると、どうしても心配になってしまいます。