葉酸として摂取する

葉酸サプリは天然葉酸がおすすめ
葉酸はDNAや赤血球を正しく作るための重要な働きをしています。

 

特に妊娠して2か月ほどの時期は細胞分裂が多く行われます。そのため
不足していると胎児のDNA合成に関係し、発育を遅らせ障害を招くことにもつながります。

 

母体にとっては、普段は肝臓に蓄えられている葉酸が大量に消費され、貧血の症状が出てくることもあります。
初期の段階では、妊娠に気づかないこともあるので、日常的に摂取することが望ましいのです。

 

葉酸を多く含む食品としては、玉露入りの緑茶や海苔が代表的です。
ほかにも、よもぎやモロヘイヤ、ブロッコリーなどがあります。色の濃い野菜に多い傾向があるようです。

 

しかし熱に弱く、加熱すると半分以上栄養分が損なわれてしまうという欠点があります。
また、水に溶けやすくもあるので、生で食べられるようなものが良いでしょう。

 

スムージーは短時間で作れて気軽に飲めるため、忙しい朝にも取れ入れやすい食べ方です。
イチゴなどの果物にも多く含まれているため、食材を組み合わせて自分に合ったスムージーを作れるのも利点です。

 

一緒に取ると良い栄養素は、ビタミンB12やビタミンCです。ビタミンB12は赤血球を形成するために必要です。
ビタミンCは摂取した葉酸を活性させるための働きをします。